花城ハウジングの家づくり ≪ 花城ハウジング様 sample2


-->

自由自在に美しい大空間を実現高耐震・高耐久による長寿命と、最新のテクノロージー似よる環境性・経済性

徹底解剖! 「ガスと電気のハイブリッド設備搭載、次世代省エネ住宅」

先進の建築構法を綿密に組合せ、さらにハイブリッド給湯暖房「ECO ONE」で、1年中快適に過ごせる住空間を実現。その特徴を徹底解剖!

Clicksign
クリックで「ガスと電気のハイブリッド設備搭載、次世代省エネ住宅」の特徴をご覧頂けます。


Kaibou Zumen


ハイブリッド設備搭載省エネ住宅についてのお問合せは、こちらからお気軽に

milk_btn_pagetop.png

住宅性能表示7項目で最高等級に対応

Img 1 16ロイヤルSSS構法は、品確法の住宅性能表示7項目で最高等級に対応。「耐震等級」「耐風等級」「劣化対策等級」「維持管理対策等級」「ホルムアルデヒド発散等級」「省エネルギー等級」など、いい住まいとしての基本性能を備えています。

※標準仕様での性能等級となります。お客さまのプランや条件の変更で性能表示が異なる場合がございます。
※性能表示制度をご利用の場合は、別途申請費用が必要となります。

木本来の強さを活かす 断面欠損低減

木本来の強さを活かす 断面欠損低減接合部分に大きな掻き込みを入れる在来工 法に比べ、ロイヤルSSS構法では独自の金 物を使うことで断面の掻き込みを最小限に 抑制。木本来の強さを最大限に引き出します。

壁体内の結露を防止するパッシブ通気構造

壁体内の結露を防止するパッシブ通気構造ロイヤルSSS構法の最大の特徴のひとつは、柱と金物の間に隙間を作らないこと。これにより結露による錆びや腐れの心配が軽減され、木本来の強さが長持ちします。
定期的なメンテナンス、ライフスタイル等の変化に応じたリフォームをしながら、永く住み続けることが可能です。

Sub Catch1 05

Img 1 05ロイヤルSSS構法の最大の特徴のひとつは、柱と金物の間に隙間を作らないこと。これにより結露による錆びや腐れの心配が軽減され、木本来の強さが長持ちします。
定期的なメンテナンス、ライフスタイル等の変化に応じたリフォームをしながら、永く住み続けることが可能です。

次世代省エネ仕様 Low-E複層ガラスサッシ

次世代省エネ仕様 Low-E複層ガラスサッシ一般地仕様

一般地の断熱Low-E複層ガラスサッシは、2枚のガラスと空気層からなる3層構造による高い断熱性・気密性で、冷暖房効率もアップします。また、室内外の温度差による結露の発生を抑えます。


寒冷地(II地域)仕様

屋外側にはアルミ、室内側には熱が伝わりにくい樹脂を一体化した構造の断熱Low-E複層ガラスサッシで、優れた断熱性と防露性能を発揮します。

ECO ONEなら時間帯を気にせずいつでも快適

シンヤ料金を利用することで光熱費がお得になるオール電化。でも、昼間の電力料金は高く設定されています。過程の電気の約7割は、昼夜屋を問わず使用する電化製品です。光熱費が高くなる可能性も。
くらべてハイブリッドでエネルギーを効率よく使い分ける新型ECO ONEは、昼夜の電気料金が一律のため、時間を気にして電化製品を使ったり、生活スタイルを変える必要ありません。


Img 1 10

次世代エコ仕様断熱材

次世代エコ仕様断熱材居心地のいい快適な室内環境をつくるためには、室内の温度、湿度を良好に保つ必要があります。ロイヤルSSS構法では、壁と天井部分に断熱・保温・耐熱・防音性に優れたグラスウール105mmを採用。夏も冬も一年中過ごしやすい、快適な居住環境を実現します。

部屋全体がむらなく温まるECO ONEの温水式床暖房

部屋全体がむらなく温まるECO ONEの温水式床暖房ガス温水式の床暖房は、輻射熱の効果で床面だけでなく壁や天井をあたため、部屋全体に熱が行き渡ります。

<1>ふく射熱の効果で、どこにいてもポカポカ
<2>温水循環なので経済的
<3>低温なので、やけどの心配なし

建物を「面」で支える鉄筋コンクリートベタ基礎

建物を「面」で支える鉄筋コンクリートベタ基礎建物を面全体で支える鉄筋コンクリートベタ基礎が標準。 地盤との接触面積が広く荷重負荷が分散しやすいので、 地震の際の衝撃を効果的に逃がすことができます。新造成地や軟弱地盤に於いても優れた安定性を発揮します。

※地盤調査後、地耐力に応じて最適な基礎工事をご提案させて頂きます。

プラットホーム床構造で水平剛性6.25倍の強い床

プラットホーム床構造で水平剛性6.25倍の強い床従来構法では自信の際、柱と柱、柱と梁などの部分に大きな不可がかかります。在来構法では、接合部分に大きな掻き込みを入れる必要があったため、残された断面が小さくなり、金物で補強することで、強度を保ってきました。
ロイヤルSSS構法では独自の金物を使うことで断面の掻き込みを最小限に抑制。木本来の強さを最大限に引出します。